売り手市場の保育士就職事情

Web Template

人気の職業ランキングにも安定して入ってきたり、女子大では育成専門コースが設けられていたりと、女性の間では選択肢の一つとして支持されている保育士。


最近では、男性保育士も珍しくなくなりました。



給与体系はまだまだ恵まれていないのが実情ですが、それ以上のやりがいが得られることが、人気の理由です。
保育園で働きたいと思ったとき、どのような就職活動が考えられるのか、見ていくことにしましょう。



まずは、大学や短大、専門学校などで保育士を専攻とするのが一般的です。

単位を落とさず取得し、卒業ができれば保育士になる資格を手に入れられます。



その後公務員なのか、私立の園に勤務するのかなど選択し就職に向けて活動します。もう一つの方法は、公務員試験を受けて保育士の資格取得することです。
学生時代の専攻などが問われることがないため、門戸が開かれており誰にでもチャンスがあると言えますが、試験は多岐にわたり、かなり専門性を問われる難度の高いものです。

志す年齢により、上記の二通りの方法があるのだということですね。

資格が手に入ってしまいさえすれば、すでに夢に実現に向けての切符が手に入ったようなものです。

現在は人員不足で売り手市場なため、むしろ就職先を選べる立場になります。

少々面倒くさくても、マンモスな認可園なのか、こぢんまりした小規模園なのか、実際に現場の雰囲気を見て自分に合うところを選ぶのが、長く勤めるためには欠かせません。

この下準備に、第一歩の好スタートがかかっているのです。